植毛を受けるなら自毛植毛

自毛植毛は安全性も高い方法

自毛植毛
自毛植毛は自分の髪を植える

薄毛に悩む人が気になる言葉…植毛。

植毛とは、毛を頭皮に植え付ける行為をいいます。頭皮に毛を移植することで毛根を再生させる立派な医療行為の一つ。医療行為ですので当たり前ですが、植毛施術は医師しか行うことはできません。よって、植毛は育毛サロンやエステなどで行うことはできず、病院やクリニックといった医療機関でのみ受けることができます。

植毛は、自分の毛髪を利用する自毛植毛と人工の毛髪を利用する人工毛植毛とに分類されます。つまりは自分の髪の毛を使うか、人工的に作られた髪を使うか…です。

自毛植毛は、薄毛化しにくい後頭部や側頭部の毛髪を、薄毛化している部分に移植します。自分自身の生きた健康な毛髪を移植し再生させるので、定着すれば自分の髪の毛として成長し続けることになります。自毛植毛の場合植毛した毛髪の定着率が90%を超える高い数値が報告されています。自毛植毛は非常に確実性の高い効果的な薄毛対策と言えるでしょう。

人工毛植毛は、モダアクリルやポリアミド単繊維などを原料とした人工毛を薄毛の部分に植え付ける植毛方法です。人工毛なので、植毛したとしても抜けてしまえば終了です。自毛植毛のように再生して生えることはないので、抜けてしまったらもう一度植える必要があります。しかも、人工的に作られた毛を植えるわけですから、それなりの頭皮へのダメージもあり…拒絶反応や炎症などがおこることもあります。

アメリカではリスクと効率の悪さから、大分前から人工毛植毛を禁止しています。現在、植毛方法のなかでも最も安全といわれているのが自毛植毛です。自毛植毛は面倒で時間がかかりそうなイメージがありますが、安全面や効果を考えるとこの方法が一番良いとなっています。